ニュースバックナンバーへ

外国人への対応の仕方、嫌がられる行為を解説2017年3月7日(火)

握手、お辞儀の仕方など実践を交えて講義した。

 デライトコミュニケーションズは3月1日、都内で「外国人対応プロトコールセミナー」を開催した。

 講師には一般社団法人日本クロスカルチュラルコミュニケーション協会(JACCA)の石橋眞知子会長が務め、訪日外国人が2400万人を突破した今、外国人への「おもてなし」の方法や、嫌がられる行為、敬遠される行為を解説した。

 まず石橋会長は「日本と外国との動作(ジェスチャー)の意味合いの違い」を解説。お辞儀と握手を例として挙げ、「日本人はお辞儀と握手を同時に行う人が非常に多い。お辞儀は尊敬(リスペクト)、握手は平等(イコール)の意味合いがある。お辞儀は若い人から、握手は目上の人からするのがマナー。同時に行うと外国人は戸惑ってしまうため気を付けて」とアドバイス。

 さらにジェスチャーにおいても、「自分を指さす時や、OKサインを出すときに手を顔の近くに持ってくることは厳禁。日本人同士ではよく見る光景だが、外国人相手にやると相手を侮辱する意味になってしまう」と注意点などを細かくレクチャーした。

 また石橋会長は、外国人に対応する際は「笑顔」で接することが大事だと提言。「私は様々な国で言葉や文化を教えてきましたが、『笑顔』は国境を越える。相手が外国人だからといって緊張せず、笑顔で対応できる余裕を持ってほしい」と述べた。

 その他、セミナーでは大事な要素として「序列に気を配ること」、「レディーファーストの精神」、「その国の民族や慣習に従うこと」を挙げそれぞれ例や実践を交えながら講義を行った。

  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年3月27日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年4月号
    • 巻頭特集
      増え続けるインバウンド 外国人ユーザー獲得へ
    • 特集
      迫られる依存問題対策
    • ぱちんこ新時代への羅針盤
      牧野 哲也 日本遊技史研究協会 主任研究員