ニュースバックナンバーへ

のめり込み対策が最優先課題~宮城県遊協2017年2月10日(金)

研修会後の社会貢献寄付金贈呈式では8団体に総額340万円が寄付された。

 宮城県遊技業協同組合は2月1日、パレスへいあんで新春経営者研修会を開催した。

 挨拶した竹田隆理事長は「昨年はホールのみなさんの血の滲むような努力で撤去回収問題に取組み、なんとか一段落した。今年も遊技機関連でパチスロ設置比率の問題が残っているが、最優先課題は『のめり込み対策』をしっかりやること。宮遊協は情報を速やかに発信し、みなさんと共有して一致団結して対応していく」と述べた。

 研修会では宮城県警察本部刑事部組織犯罪対策局暴力団対策課の担当官が「暴力団追放対策などについて」、同警察本部生活安全部生活安全企画課の担当官が「健全営業の推進等について」と題してそれぞれ講話。研修会後半にはパチンコビレッジの村岡裕之代表取締役が「2016年の総括とGW明けまでの新機種動向」を解説した。

 研修会終了後の懇親会では、開会に先立ち社会貢献寄付金贈呈式を開催。県民生活の安全安心に貢献している団体、社会福祉関係団体あわせて8団体に総額340万円の寄付金が贈呈された。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年5月28日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年6月号
    • 巻頭特集
      5.5号機は買いなのか?
    • Report
      5年の歳月を経て、仕事人最新作が登場! フィールドテストには150人超の列
    • 特別レポート
      盛り上がった「ニコニコ超会議2017」 リアルなパチンコの魅力を積極アピール