ニュースバックナンバーへ

同友会会見、「IRに係る諸問題に対応」2017年1月19日(木)

 日本遊技産業経営者同友会は1月18日の理事会開催後、定例の記者会見を開いた。

 東野昌一代表理事は挨拶で今年の展望に触れ、特にIRに係る議論が進むことを踏まえた上で「依存問題や遊技機の性能の問題など諸問題について、できれば業界全体で解決に向かっていければいい。(依存対策等の)法案が出るまでに、業界として動けるように(議論を)整理していかないといけない」など話した。

 また、パチスロの「新基準に該当しない遊技機」の設置比率遵守に向け「ルールを守り実行するのは当然だ」と話すとともに、「その先の業界の未来図を皆で知恵を絞って描けるように頑張っていきたい」などと抱負を述べた。

 なお、当日の理事会では賛助会員としてエースプロ、インターコスモスの2社が新規入会。これにより会員数は正会員、賛助会員を合わせ149社となった。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年5月23日(火)のイベント

  • 回胴式遊技機商業協同組合 組合大会・講演会・懇親会
  • 三重県遊技業協同組合 第56回通常総会

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年6月号
  • 巻頭特集
    5.5号機は買いなのか?
  • Report
    5年の歳月を経て、仕事人最新作が登場! フィールドテストには150人超の列
  • 特別レポート
    盛り上がった「ニコニコ超会議2017」 リアルなパチンコの魅力を積極アピール