ニュースバックナンバーへ

好評の「メーカーに聞く今後の戦略」第3弾開催2016年11月21日(月)

公開経営勉強会には多くの受講者が参加した。

 一般社団法人パチンコ・チェーンストア協会は11月18日、都内で公開経営勉強会を開催、好評を博している「メーカーに聞く今後の戦略」シリーズの第3弾として、藤商事、ユニバーサルエンターテインメントの両社から講師を招いた。

 パチンコ編では藤商事経営企画本部広報・IR室・枝吉純嗣室長が登壇。じゃん球遊技機にルーツを持ち、その後アレンジボール、パチンコ、パチスロへと事業を拡大してきた同社の歴史に触れるとともに、同社の開発思想について「分かりやすいゲーム構成で飽きのこない演出」「大当たりの出玉がイメージできるスペック」「ヒトの五感に訴えかける体感を提供することで『非日常的な感動』を経験することができる」などと説明。また、パチスロについても「パチンコとのシナジー効果を出したい」等と話した。

 一方パチスロ編では、ユニバーサルエンターテインメント・長谷川崇彦執行役員マーケット戦略室が登壇。同社の開発体制に関して「決定までの即決さと現場への権限移譲が特長」等と話した。また、同社の開発姿勢の特長として「開発者がベストと思うものを作る」という部分を取り上げ、その一方でマーケットの動向は徹底的に数値化し、正確に伝えることなどを説明した。

 また、機械開発におけるハード開発の重要性を強調、同社とサミーが合同で設立したZEEGに関してその狙いなどを話した。

 なお、公開経営勉強会に先立って開催された同協会の臨時社員総会で挨拶した金本朝樹代表理事は、12月末に期限が迫った「検定機と性能が異なる可能性のある遊技機」の撤去に向け業界全団体が一致団結して成果を出す重要性を強調。同時に同じ間違いを繰り返さないよう、業界自らが自己管理できる仕組みづくりが重要だと訴えた。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年10月22日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年11月号
    • 巻頭グラビア
      ベガスベガス新宿東南口店
    • 巻頭特集
      どうなる認定・撤去 5.9号機の可能性は?
    • 特集
      PB機の可能性