ニュースバックナンバーへ

全国500店舗以上が「ちょいパチ」導入2016年11月16日(水)

手軽に遊べる遊技機として開発された「ちょいパチ」。

 日遊協の会報誌11月発行号によると、「ちょいパチ」のテスト導入店舗は10月7日時点で全国538店舗(320法人)となった。導入台数は5,391台。

 「ちょいパチ」は大当たり確率1/40以上、ヘソの賞球5個以上の「手軽に遊べる遊技機」をコンセプトに開発されたもの。今年6月20日からテスト導入がはじまり、10月7日時点で、第4弾まで16機種(13メーカー)が発売された。テスト導入の条件は、1機種2台以上、合計8台以上、4円貸玉コーナーに導入、コーナー化で運用——などとなっている。

 また、同会報誌ではホール向けアンケート結果などから、ちょいパチの高アウト店舗と低アウト店舗の傾向などを報告。

 「4円平均アウト」より「ちょいパチ平均アウト」のほうが高い「高アウト店舗」は、(1)同一機種を連続して配置、(2)コの字型(背中合わせ)に配置、(3)遊パチコーナーの一角、1円パチンココーナーに隣接、(4)中央通路側に面する等、客動線からの視認性が良い場所に設置、(5)定期的に新機種(第3、4弾)を導入——等の傾向が見られたという。

 一方、「低アウト店舗」の場合は、(1)機種をバラバラに配置、(2)遊パチコーナー、1円パチンココーナーから離れて配置、(3)死に島等、客動線からの視認性が悪い場所に設置、(4)初期導入(第1、2弾)のみで導入が停止——等の傾向が見られた。

 ユーザーの年齢では圧倒的に高年齢層が多いという。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年12月19日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年12月号
    • 巻頭特集
      いよいよ始まる 規則改正「経過措置」
    • 特集
      実力派コンサルタントが語る この年末の戦い方
    • 特集
      “売り手市場”の中で取り組む 新卒者囲い込みの現状