ニュースバックナンバーへ

ハイライツが東京ショールームを披露2016年10月31日(月)

東京ショールームのコンセプトや今後の展望を語る、長谷川哲也社長。

 ハイライツ・エンタテインメント(長谷川哲也社長)は10月28日、東京ショールーム(台東区東上野)の正式オープンに先立ち、プレス関係者を招いた内覧会を開催した。

 同ショールームは業界企業が集まる上野の玄関口に位置することから、誰でも気軽に立ち寄ることができるよう配慮。同社のコーポレートカラーである「青」と「白」を基調としたデザインに加え、道路に面したガラス張りの窓面にはカウンターテーブルを設置し、カフェのような落ち着きのある空間を創出している。デザイン設計はグループ会社であるキーノートが担当した。

 実機は10台設置され、ゆったりと試打できるスペースを完備。また台間ユニットも同社製品を使用している。

 内覧会で挨拶した長谷川社長は、「将来的にはこの場を一般開放したり、外国人観光客が非常に多い地域ですので、観光客の方々にパチスロ機の遊び方をレクチャーしたりする場として活用していきたい」と今後の展望を語った。

 東京ショールームの正式オープンは11月7日(月)の10時から。なお、名古屋ショールーム、大阪ショールームも同日のオープンを予定している。

(c)Highlights Entertainment Co.,Ltd.All rights reserved.

  • image

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年7月24日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年8月号
    • 特集
      警察庁「規則改正案」
    • 巻頭特集
      浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
    • 行政講話
      警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長