ニュースバックナンバーへ

パチスロサブ基板交換に新たに2機種追加2014年10月27日(月)

 全日遊連は10月22日、 日電協の要請を受けて先行実施していたパチスロサブ制御基板交換に、新たに2機種が加わることになったと傘下県遊協に通知した。

 今回追加された2機種は『パチスロ獣王 王者の帰還』(サミー)と『吉宗』(大都技研)。対象機種の追加理由について日電協は、当該2機種のサブ制御基板に不正ロム交換事案が発生したためと説明。目視での発見が困難なため当該2機種のサブ制御基板交換の実施を全日遊連に申し入れた。

 これを受け、先行実施していた3メーカー4機種と同様、設置中の当該2機種のすべてのサブ制御基板についても「日電協統一点検シール」を貼付したサブ制御基板と交換することになる。

 今回の2機種追加でサブ制御基板の交換は3メーカー6機種に拡大した。対象機種は次のとおり。

『パチスロ北斗の拳 世紀末救世主伝説』(サミー)
『パチスロ北斗の拳 転生の章』(サミー)
『押忍!番長2』(大都技研)
『バイオハザード5』(エンターライズ)
『パチスロ獣王 王者の帰還』(サミー)
『吉宗』(大都技研)

 全日遊連の通知によると追加2機種の交換作業開始時期は、『獣王』は来年2月、『吉宗』は今年12月を予定しているという。

 追加2機種をめぐる不正ロム交換事案はデータ異常に気づいたホールがメーカーに確認依頼をしたことから発覚した。


関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年8月17日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2017年8月号
    • 特集
      警察庁「規則改正案」
    • 巻頭特集
      浮かび上がる 「5.5号機」の重要性
    • 行政講話
      警察庁生活安全局保安課・小柳誠二課長