ノースランド、施設へパチンコ台寄贈し喜びの声

投稿日:

目録とお菓子の贈呈の様子。同社のマスコットキャラクターも参加しており、和やかな雰囲気で行われた。

 ノースランドは7月25日、富山県魚津市にある特別養護老人ホーム『あんどの里』にパチンコ台3台を寄贈した。

 同グループでは以前にパチンコ台を5台寄贈しており、施設側から「違う台も打ってみたい」という要望からそのうちの3台の入れ替えを行った。当日は澤田康弘常務を含むスタッフ10人が施設を訪問し、1台につき一人のスタッフが付き添い、分かりやすく遊技説明を行った。利用者は「ストレス解消やリハビリになって、とてもありがたい」と笑顔で感謝を述べた。

 また同社では、遊技客からお菓子の寄付を募り、これを月に1度のペースで県内施設に寄贈する「スマイルプレゼント」を実施している。今回の訪問もスマイルプレゼントの一環として行われ、パチンコ台と合わせてお菓子5箱を寄贈した。

  • 新台を楽しむ施設利用者。スタッフがパチンコ台の説明や打ち方を分かりやすく説明した。

    新台を楽しむ施設利用者。スタッフがパチンコ台の説明や打ち方を分かりやすく説明した。

-業界ニュース

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.