金淳次氏が新理事長に就任〜栃木県遊協

投稿日:

金淳次新理事長(写真中央)以下執行部一同。

 栃木県遊技業協同組合は5月22日、ホテル東日本宇都宮において第52回通常総会を開催。任期満了に伴う役員改選では、新理事長に金淳次氏が就任。岩河健一前理事長は顧問に就任した。

 就任した金理事長は「様々な問題が山積する時期に理事長という立場で県遊協の舵取りをすることはまさに身の引き締まる思い。県遊協のために4年間に渡り様々な実績を残された岩河前理事長に敬意を表するとともに、その精神を継承し、組合員の皆様のご理解とご協力のもと、一歩ずつ前進していきたい」と述べ、今後組合が取り組むべき課題として、総会スローガンの一つである「地域社会との融和、共存を図り意義ある社会貢献活動を推進する」に重点を置くことを掲げた。

 金理事長は「これまで福祉活動という大きな柱を立て、多くの社会貢献活動を行ってきたが、もう一つの柱として防犯協力を掲げ、犯罪を起こしにくい、犯罪を起こさせない街づくりにコミットすることが業界に対する支持拡大に繋がる」と所信表明した。

 なお、県遊協では総会に先立ち、栃木県に地域福祉基金(100万円)を贈呈、北村一郎副知事から感謝状が手渡された。

新役員は以下の7名
理事長/金淳次(新任)
副理事長/三光明、三井勝茂、福田基哲、檜山英明、金沢太竜(新任)
専務理事/小林修

  • 顧問に就任した岩河健一前理事長には感謝状が贈呈された(写真右)。

    顧問に就任した岩河健一前理事長には感謝状が贈呈された(写真右)。

-業界ニュース

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.