茨城県遊協、認定切れ遊技機で注意喚起

投稿日:

 茨城県遊技業協同組合は2月21日、県内の組合ホールに対し2月1日以降に認定期間が終了する遊技機に関する注意喚起文書を通知した。

 文書の内容は、2月1日以降に認定期間が終了している『ニューアイムジャグラーEX-C』などの遊技機を設置、稼働している店舗は、自主的に稼働の停止や撤去を行う旨を伝えるもの。

 茨城県では店舗の立入検査で同機の稼働が数店舗で確認され、稼働店舗に対し所轄から「直ちに稼働を止め、1週間以内に撤去」という指導が入っているという。

-業界ニュース

Copyright© グリーンべると , 2020 All Rights Reserved.