澤田グループ、児童施設などにお菓子を贈呈

投稿日:

サンタクロースに扮して子供達にお菓子を配る同社スタッフ。

 富山県内でパチンコ店を経営する澤田グループ・ノースランドは12月20日と25日、県内の社会福祉法人富山市桜谷福祉会「こども発達支援センター富山市恵光学園」と、社会福祉法人ルンビニ園(児童養護施設)の2施設を訪れ、各店舗の遊技客から寄付されたお菓子を届けた。

 当日は同社スタッフがサンタクロース姿で児童にお菓子のプレゼントを手渡した。また、児童達との触れ合いの時間として恵光学園では手遊び歌と玉入れ遊び、ルンビニ園ではドッジボールなどを行い、楽しい時間を共にした。

 同社では、店頭で遊技客から寄付されたお菓子を、県内の各施設に届ける「スマイルプレゼント」を継続的に実施している。この取組みでは、お菓子を届けるだけでなく、店舗スタッフによるスポーツ交流や歌、ダンス、紙芝居などの催しも行い、施設の子供達やお年寄りとの交流を図っている。お菓子は災害被災地や付近の施設にも支援物資として届けている。

-業界ニュース

© 2020 グリーンべると