特集バックナンバーへ

増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集 2019保存版2019年7月12日(金)

Act.1/2019年以降の激動スケジュール

 2019年から2020年にかけて、業界はかつてない激動の時代に突入する。その皮切りとなるのが8%から10%へ引き上げられる消費税だ。
 装置産業といわれるパチンコ業界だが、ホールを運営するためには遊技機以外にも様々な設備投資が必要だ。特に今年、優先して投資を検討しなければならないのが「喫煙ブース」。2020年4月1日に完全施行を控えた改正健康増進法により、原則屋内禁煙化を迎えるためだ。喫煙ブースに関しては、時期が遅くなるにつれて施工業者不足や資材不足といった懸念もある。そのため、10月1日の消費増税前に特需が発生する可能性は高い。ここが第一の投資タイミングともいえる。
 年末には約22万台にも及ぶパチスロ旧規則機の撤去が控えている。先般、全日遊連で決議された旧規則機の取扱いも加味すると、相当量の遊技機の入れ替えが必要となる。もちろんこれは一部に過ぎないのは周知の通りだ。
 このように、今年以降は遊技環境、経営事情ともに大きく変わっていくことになる。それらの変化へ臨機応変に対応していくには、様々な投資が必要だ。"遊技環境の改善"や"稼働促進"につながる付加価値の創出、先に始まった「働き方改革」に対応する"業務の効率化"など、状況を見極め無駄のない、実効性ある投資判断が必要だ。

Act.2/識者インタビュー
野島崇範氏、三木貴鎬氏の記事はコチラ
Act.3/識者インタビュー
チャーリー・ロドリゲス・湯谷氏、まとめ記事はコチラ

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年9月19日(木)のイベント

  • 山佐撮影試打会
    S天下布武4
    10時~13時or14時~17時
    10:00~17:00/上野ショールーム
  • パチスロ大学セミナー
    第1部:設定配分学部(北野氏)
    第2部:レイアウト理論学部(三木氏)
    第3部:ライター学部(塾長氏)
    14:00~18:00/TKP上野駅前ビジネスセンター
  • コナミアミューズメント/『マジカルハロウィン7』プレス向け試打会
    13:00~14:45

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年9月号
  • 特集
    消費増税を乗り越えろ
  • Interview
    筒井公久 日本遊技機工業組合 理事長
  • グラビア
    尾立氏落選 業界票は国政に届かず