好印象を与えるお店について講義2019年10月24日(木)

遊技産業未来研究所 中野忠文代表取締役

 遊技産業未来研究所は10月23日、都内墨田区の東京スカイツリーイーストタワーで定例セミナー「未来研究会」を開いた。

 第1部ではPRCの中田藤生代表取締役(チャーリーロドリゲス湯谷氏)が「遊技機だけじゃなく、しっかりお客様を見ていますか?」と題し講演。高射幸性遊技機の大量撤去後の厳しい市場動向に触れた上で、ホールが生き残るために必要な点についての考察を加えた。

 同氏は「店長の仕事は資料を作ることでも、機械を選ぶことでもない。お客様とコミュニケーションを取ることが仕事。繁盛店の店長は定期的にお店の中を周り、常連に声をかけている。そういう努力の積み重ねが、『このお店は勝てそうだ!』との期待感や、『このお店で遊びたい』といった気持ちに繋がる。来年は特に厳しい年となるなか、こういったことが隣のお店と差を付けるチャンスとなるのではないか」と話した。

 第2部ではソニー生命・トータルライフコンサルタントの猪野塚伊彦氏が「自主・自律の社員が育つ●●思考の3ステップ!」と題し、各社員のライフプランを基にした組織改革の必要性や、社員一人ひとりが設計したライフプランを充実した形で進めるための資産形成の重要性を説いた。

 また第3部では遊技産業未来研究所の中野忠文氏が「低ベース機データ検証」と題し、パチンコ機の最近の業績について講義。3個賞球機と従来機の市場数値を比較するなどし、3個賞球機を運用する上でのポイントを語った。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月18日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!