「就労観の違いを感じる」と94.7%が回答2019年10月17日(木)

 エンタテインメントビジネス総合研究所はこの度、就労観(仕事に関する意識)の多様化とトラブルに関するアンケートの調査結果を公表した。

 アンケートは7月24日~7月31日にかけて、パチンコホールの従業者を対象に実施し、計171票の回答を得た。

 「職場の上長や部下、同僚、パート・アルバイトなどと就労観の相違を感じたことはありますか?」という問いについては、94.7%が「感じたことがある」と回答。相違を感じた対象者は「部下」が最も多い結果となった(72.8%)。

 また就労観の違いに伴うトラブルの内容では、最も多い回答が「パワハラ」(70.1%)で、以下「モラハラ」)(33.8%)、「セクハラ」(27.3%)と続いた。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月12日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!