健全化機構による依存防止対策調査、近日中に実施開始2019年10月16日(水)

 遊技産業健全化推進機構は10月15日付けのリリースで、実施準備中の新たな事業「依存防止対策への取組み状況を確認する調査」を、遅くとも来年1月には開始すると伝えた。

 「依存防止対策への取組み状況を確認する調査」は、全国のパチンコホールに対して、店舗内の依存対策の啓発用ポスターの貼付状況などを、同機構が調査するというもの。今年3月の同機構の臨時社員総会で実施について決議を行い、その後、調査の開始に向けて準備を始めた。

 今後、同機構ではパチンコホールに対し、調査の開始に伴う承諾書の提出を求めるとともに、同機構のホームページとは別に「依存防止対策調査専用ホームページ」を開設する。承諾書の集まり状況を見つつ、調査を始める意向だ。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!