高射幸性遊技機の設置比率、8月末は16.35%2019年10月1日(火)

 高射幸性遊技機に区分される回胴式遊技機の設置状況は、8月31日時点で、27万690台となり、回胴式遊技機の設置台数(165万5,801台)に対する設置比率は16.35%になったことがわかった。前月比で、2,374台減少した。都遊協の9月理事会で報告された。

 新基準に該当しない回胴式遊技機の設置台数は33万9,652台で前月比2,241台減少。設置比率は20.51%で推移している。


関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年10月21日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!