驚異のボーナス確率1/40を実現!~大都技研2019年9月26日(木)

説明会後に行われた試打の様子。当日出席した記者たちは破格のボーナス確率を誇る同機の魅力を伝えるため、試打に打ち込んでいた。

 大都技研は9月25日、都内でパチスロ新機種『PYRAMID EYE』のプレス説明会を開催した。

 同機はボーナスのみでメダルを増やすAタイプで、パチスロ『秘宝伝』シリーズでおなじみのピラミッド図柄を全面に押し出した1台。最大の特長はなんといってもそのボーナス合算確率だろう。本機のボーナス合算確率は設定1でも1/39.7となっており、非常にボーナスが当たりやすい仕様。

 通常時は3つのリールのどこかにピラミッド図柄が停止すればボーナス濃厚という単純明快なゲーム性を採用。「Aタイプを打ってみたいけどリーチ目を覚えるのが大変そう…」と敬遠していたユーザーでも安心して遊技を楽しむことができる。もちろん玄人好みの「小役ハズレ目」といった王道のリーチ目も搭載している。

 スペックはボーナス合算確率1/39.7(設定1)と1/32.2(設定6)の2段階設定。ボーナスは赤7揃いor白7揃いの「PYRAMID BONUS(BB)」(平均約130枚獲得)と赤7・赤7・BARの「REGULAR BONUS(RB)」(平均約40枚獲得)の2種類。

 ボーナスは図柄入賞後、まずは準備状態から始まり、リール窓が白発光した時にいずれかのリールにBAR図柄を狙うことでボーナスがスタートする。また、ボーナス終了後には32G間の特殊ステージに移行。同ステージ中にBBを成立させることができれば、BB毎に楽曲変化が楽しめる。

 納品は10月20日を予定している。

(c)DAITO GIKEN,INC.

  • image

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年10月21日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!