ダイナム、年間4,884時間の業務効率化を実現2019年8月23日(金)

 ダイナムはこの度、2018年に導入したRPA(Robotic Process Automation)を活用し、株式会社DTS(東京都、西田公一社長)と協業で年間4,884時間の業務効率化を実現したと発表した。

 リリースよると、同社では業務の効率化や、業務ミスなどのリスク低減を目標に、RPAの導入を推進。ダイナム本部に所属する7部門とグループ会社に所属する2部門の合計9部門で、RPAによる作業の置き換え(自動化)を実施し、年間4,884時間を効率化した。

 RPAにより自動化した主な業務は、営業データの抽出及び加工作業、店舗の修繕計画やメンテナンス・工事実績等の集計、リストの作成や案内メールの配信、遊技台や備品等の発注・手配作業など。

 今後は、導入部門の拡大や専門チームの組成などを検討しており、RPAの推進でさらなる生産性の向上につなげていきたい、としている。


関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年9月16日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年9月号
    • 特集
      消費増税を乗り越えろ
    • Interview
      筒井公久 日本遊技機工業組合 理事長
    • グラビア
      尾立氏落選 業界票は国政に届かず