真城HDが地域貢献で防犯カメラを寄贈2019年8月22日(木)

寄贈式後の記念撮影の様子。写真は左から名東警察署の鷲見署長、同社の村上課長、名東区防犯協会の湯浅会長。

 愛知県を中心に《プレイランドキャッスル》の屋号でパチンコホールを展開している、真城ホールディングス(名古屋市、真城貴仁代表取締役)は8月21日、名東警察署で名東区防犯協会連合会に防犯カメラを寄贈した。

 今回贈呈された防犯カメラは簡易タイプ。贈呈式では目録を受け取った名東区防犯協会の湯浅勝治会長が、「名東区は高級住宅街が多いので、普通の防犯カメラが設置できない場所に簡易カメラを設置し、盗難等の犯罪抑止に繋げていきたい」と謝辞を述べたほか、名東警察署の鷲見敏彦署長からは感謝状が贈られた。

 同社では今後も、地域住民が安心・安全に暮らせるよう、今後もこういった取り組みを積極的に行っていきたいとしている。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年9月17日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年9月号
    • 特集
      消費増税を乗り越えろ
    • Interview
      筒井公久 日本遊技機工業組合 理事長
    • グラビア
      尾立氏落選 業界票は国政に届かず