設定Cはボーナス確率大幅UP~バンバンクロス2019年7月23日(火)

プレス発表会での様子。

 大都技研は7月17日、都内本社でサボハニ製パチスロ新機種『バンバンクロス』のプレス発表会を開催した。

 同機は、4段階設定(1、C、5、C+)を搭載。注目は設定CとC+の特殊設定。他の設定に比べCHALLENGE BONUSの出現確率は軽くし、ボーナス合算確率を上げている。CHALLENGE BONUSは、技術介入要素が高い頻度で出現するため、プレイヤーの技量によって出玉量が大きく左右される仕様だ。

 スペックは、設定1と設定5のボーナス合算確率が約1/162.2~約1/149.6。完全攻略時の機械割は100%~106.5%。設定Cと設定C+の確率が約1/91.9~約1/83.6。機械割は、完全攻略で105.8%~111.8%となっている。ボーナスはBIG BONUS(最大獲得枚数259枚)とCHALLENGE BONUS(同112枚)の2種類を搭載。どちらも技術介入によって出玉が変動する。

 演出面では、「ノーマルMODE」、「小役告知MODE」、「チャンス役告知MODE」の3種類が選選択可能。楽しみ方は多彩だ。CHALLENGE BONUS中は、技術介入を駆使して、ポイントを獲得。ポイントによりランクが表示され、「大都吉宗CITY」に記録することで、全国のプレイヤーとランキングを競うこともできる。

 なお、同機の納品は8月4日(一部地域で異なる)を予定している。

(C)DAITO GIKEN,INC.

  • image

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年10月19日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年10月号
    • 特集
      導入から1年 設定付パチンコ の展望
    • Report
      急がれる受動喫煙対策に「室内循環型」という選択肢
    • Report
      空中方式の新たな集合搬送が登場