三洋物産、ライフセービングカップ2019を開催2019年7月5日(金)

第12回大会には6か国・地域から7チーム70名の選手が参加し、ハイレベルな戦いを繰り広げた。

 三洋物産は6月22、23日の2日間、福岡県福岡市早良区シーサイドももち海浜公園で『三洋物産 インターナショナルライフセービングカップ2019』を開催した。

 12回目を迎えた同大会には6か国・地域から7チーム70名が参加。ビーチフラッグスやレスキューチューブレスキューなど10種目の競技を2日間かけて行い、2日間の合計ポイントで優勝を争った。

 結果はオーストラリアが2位以下に大差をつけて総合優勝を飾り、大会12連覇の偉業を達成した。続く2位はニュージーランド、3位にはトップ選手で構成された日本Aが入賞した。

 日本Aは1日目のビーチフラッグスで男女ともに1位を獲得するなど、得意のビーチ種目で順調にポイントを重ね、オーストラリアやニュージーランドに続く展開で健闘を見せた。

 また、大会中は地元小学生・高校生と交流を深めるイベントを開催。ライフセービングを通じた国際交流イベントも開催され、ライフセービングを楽しみながら海の安全を学んだ。その他、大会会場には同社のPRブースを展開。日本一取りやすいお菓子キャッチャーを設置し、ブースはたくさんの子どもたちで賑わった。

  • image
  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年7月16日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年7月号
    • 特集
      小規模店が 個性を活かす
    • グラビア
      尾立源幸氏を励ます集いに700名が出席
    • Interview
      株式会社サミーネットワークス代表取締役社長 德村憲一