役員総出で様々な課題に取組む~回胴遊商研修会2019年6月27日(木)

研修会には組合員、業界誌、事務局を含め237名が出席した。

 回胴式遊技機商業協同組合の関東・甲信越支部は6月25日、都内で研修会を開催した。

 冒頭挨拶に立った大饗裕記理事長は「非常に厳しい時期だが役員総出で様々な課題について取り掛かっている。年末、来年に向けて必ず良くなっていくと確信しているし、そのための活動を目下頑張っている」と述べ、組合員に理解と協力を求めた。

 行政講話では警察庁生活安全部保安課の清水圭一主任が、①不正改造防止対策について②遊技機の流通業務の健全化について、③犯罪防止に関するお願い、の3点について講話。その中で②について、遊技機取扱主任者が作成できる保証書について触れ、「点検確認のチェック漏れなどにより問題なきものとして保証書が作成されてしまえば、不正遊技機のまま認定や承認をされ、ホールで使用されてしまう可能性がある」と警鐘をならした。そして「中古機の流通過程において不正が介在することが絶対に無いよう、健全な流通のための環境整備に取組んでいただきたい」と要請した。

 また、研修会の中で大饗理事長は業界における販売業者は遊技産業を活性化させる潤滑油の役割を担っていると述べ、日電協の協力のもと販売業者の生き残り策を共に考えていく場として、「明日の回胴遊商を考える会」を立ち上げる方針を明らかにした。

※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、上が「郷」、下が「食」ですが、ご覧いただく環境によっては正しく表示されない場合がございます。予めご了承ください。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年7月23日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年8月号
    • 特集
      知れば得する 助成金&補助金
    • Special Interview
      兼次民喜 日本電動式遊技機工業協同組合 理事長
    • 特別対談 
      梶川弘徳 × 髙橋正人