新・リアル対局システムが遊技を熱くする!2019年6月26日(水)

プレス発表会後にはフォトセッションが行われた。

 コナミアミューズメントは6月18日、都内でパチスロ新機種『麻雀格闘倶楽部参』のプレス発表会を開催した。

 同機は本格麻雀パチスロとして人気の『麻雀格闘倶楽部』シリーズの最新作。リプレイで手配を進めレア小役などでアガリを目指すという従来のシステムはそのままに、今作ではアガった点数がATの初期枚数に変換される「新・リアル対局システム」を採用している。

 スペックはAT初当たり確率1/298.9~1/229.5の差枚数管理型AT機で、純増約5枚/G。

 プレス発表会では日本プロ麻雀連盟の森山茂和プロ(九段)、高宮まりプロ(四段)、東城りおプロ(二段)、大亀あすかプロ(初段)を招いてのトークセッションが行われたほか、日本プロ麻雀連盟所属のプロ雀士としての顔も持つパチスロライターの沖ヒカル氏による機種説明が行われた。
 
 トークセッションでは、同機に使用されている映像の撮影秘話などが語られ、機種説明では沖氏が個性溢れる解説を披露し会場を沸かせていた。

 また発表会終了後にはゲームセンターで大人気稼働中の「麻雀格闘倶楽部」のアーケード筐体を用いた、プロ雀士と記者によるエキシビジョンマッチが行われ、発表会は終始盛況となっていた。

(c)Konami Amusement

  • image

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月20日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!