RSN、1年間の相談件数が開設以来の最多件数に2019年6月12日(水)

『2018年ぱちんこ電話相談事業報告書』

 パチンコ・パチスロ依存問題の電話相談事業を行う認定NPO「リカバリーサポート・ネットワーク」(RSN・西村直之代表)は2018年の電話相談事業の報告書をまとめた。

 それによると、2018年1月1日から12月31日までの全相談件数は5,795件(RSN沖縄事務所3,107件、全商協RSN支援室475件、夜間対応2,213件)で、開設以来の最高件数。前年比では872件増加となった。また、電話相談を開始した2006年4月からの総相談件数は3万991件となっている。

 今回増加した要因としては、2018年はRSNが16時から22時まで延長した時間の相談に、通年で対応した最初の年ということもあり、相談件数が増加したと考えられる。

 一方、沖縄RSNの電話相談につながった相談者と対象者との関係性の内訳(初回相談のみ)は、「本人」が776件で全体の83%(前年比2%増)、「家族・友人」が157件で19%(同2%減)。
 
 相談者が電話相談に至った相談経路の構成比率は、ホール内ポスターが最も多く362件で全体の39%(同12%減)を占めた。次点はインターネットで262件(28%、同1%増)となった。

 ※11ヶ月間の準備期間を経て2018年10月より、延長時間についてもRSN沖縄事務所での対応が可能となったが、同年9月までの東京事務所のデータとの統合が技術的に困難なため、総相談件数以外は同年10月~12月までの3ヶ月間のデータのみ掲載。


関連記事

ホール経営支援特集「年末年始を極める 装飾・演出秘策」
ホール経営支援特集最終企画!「屋内禁煙化の“その日”をどう迎える!?」

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月20日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年12月号
    • 特集
      生き残るホールになる
    • ホール経営支援特集
      年末年始を極める装飾・演出秘策
    • ホール経営支援特集
      最終企画! 屋内禁煙化の “その日”を どう迎える!?