AEDで人命救助、成通グループ社員に感謝状2019年6月7日(金)

広島市西消防署で表彰を受けた従業員と消防署員。

 成通グループ(千原行喜代表取締役)は5月30日、広島市西消防署より、心肺停止状態の男性の命を救ったとして、同グループの従業員4名、警備員1名の計5人に感謝状を贈呈した。

 同署によると、昨年12月17日、広島市西区の《スーパーハリウッド1000観音》で男性客が遊技中に倒れ、従業員が心肺停止状態を確認。救急車の手配をするとともにAED(自動体外式除細動器)による心臓マッサージを行い、心拍が再開。救急車が到着した後、男性客の意識は回復したという。

 同社では約5年前より従業員向けにAED講習を開催しており、今回の一件は講習の成果が実を結ぶ形となった。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年8月26日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年9月号
    • 特集
      消費増税を乗り越えろ
    • Interview
      筒井公久日本遊技機工業組合 理事長
    • グラビア
      尾立氏落選 業界票は国政に届かず