シンプルなゲーム性と高継続率が融合~SANKYO2019年5月23日(木)

『P STRAIGHT SEVEN DX-H』

 SANKYOは5月22日、ジェイビー製パチンコ新機種『P STRAIGHT SEVEN』の内覧会を開催した。

 ジェイビー製初の設定付きパチンコとなる今作は、ライトミドルスペックの『LSJ-H』と甘デジスペックの『DX-H』が同時にリリースされる。通常時はダブルリーチが発生すれば大チャンスと非常にシンプルかつわかりやすいゲーム性。そのほかにも、異色7揃いが続くほど期待感が増す「ストレートセブン目」、変動開始時に発生すれば大チャンスとなる「ボタンバイブ」など、プレイヤーを飽きさせない多彩な演出を搭載している。

 スペックは、『LSJ-H』が大当たり確率1/164.7~1/128.0で、確変割合85%の5回リミット。電サポは通常時が10回or20回or次回大当たりまで(リミット到達時は77回)、電サポ中は77回or次回大当たりまで(リミット到達時は77回)付与される。大当たりのラウンド数は5R(払出値585個)と10R(同1,170個)の2種類で賞球数は4&2&4&13。

 『DX-H』は大当たり確率1/99.9~1/77.0で、確変割合75%の5回リミット。電サポは通常時が10回or20回or次回大当たりまで(リミット到達時は77回)、電サポ中は77回or次回大当たりまで(リミット到達時は77回)付与される。大当たりのラウンド数は4R(払出値384個)と10R(同960個)の2種類で賞球数は4&2&4&12。

 また、同機は突破型高継続スペックとなっており、通常時の大当たり後は主に電サポ10回or20回の「チャレンジモード」に突入。同モード中に再び大当たりを獲得することができれば高継続の「セブンラッシュ」へと移行する。

 「セブンラッシュ」は電サポ77回or次回まで継続する高継続モードで、その継続率は『LSJ-H』が約81.4%~約83.9%、『DX-H』が約84.0%~約87.3%(いずれも確変と引き戻しの合算数値)。同モード中は77回転目に必ず「ジャッジ演出」が発生。この時「ストレートセブン目」がドラムリール上に停止すると、次回大当たりまで電サポが継続する「エクストララッシュ」へ突入する。

 なお、同機の納品は7月7日を予定している。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月17日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!