JPB、4月から新しい情報配信サービスを開始2019年1月17日(木)

「ぱちんこパチスロ情報ステーション」のロゴ。

 アミューズメントプレスジャパン、アド・サークル、フィールズの3社が共同出資し、2018年2月1日に設立した「ジャパン・プレミアム・ブロードキャスト株式会社(以下、JPB)」は、今年4月から、「全てのパチンコホールに最適な機種選定のための正確な情報を余すことなく伝える」ことをコンセプトに新しい情報配信サービス「ぱちんこパチスロ情報ステーション」を開始する。

 「ぱちんこパチスロ情報ステーション」は、実機サイズの専用モニターを用いて、各メーカー協力のもと、新機種の実機さながらの映像情報をはじめ業界の最新動向・ニュースをリアルタイムに配信することで、全国のホール経営者の情報収集と機種選定をサポートする。さらに導入ホールからの様々な意見・要望を集めフィードバックするなど、ホール・メーカー双方向の情報伝達ツールとしての役割も果たす。

 同サービスの詳細は順次、同社公式サイトで公開していく予定だ。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年4月24日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年5月号
    • 特集
      さらば 平成ぱちんこ 時代は「令和」へ
    • 巻頭特集
      激動の時代にどう備えるか
    • パーラー経営支援特集
      全面施行まで約1年 急がれるたばこ対策