大阪みどりのトラスト協会へ寄付〜アサヒディード2019年1月16日(水)

目録を手渡すアサヒディード・横尾直樹社長室室長(左)と大阪みどりのトラスト協会・諸岡充常務理事兼事務局長(右)

 アサヒディードは1月9日、公益財団法人 大阪みどりのトラスト協会を訪問し、計117,812円を寄贈した。

 この寄贈は、同社が昨年11月に地球温暖化防止、環境保全への取り組みの一環として「グリーンアップキャンペーン募金活動」を実施。計12店舗と本部で遊技客、従業員による募金と本社からの寄付金を併せて寄贈したもの。

 寄付金は大阪みどりのトラスト協会を通じて①市街地の緑化②手入れが必要な里山の再生③自然環境の保全や緑化などの事業や普及啓発事業など、地域の緑化推進に活用される予定。

 同社では「今後のホール業界にとって、環境保全を意識していくことは非常に重要になり、温暖化が進む現在、企業規模での環境配慮が重要視されています。決して大きな規模のことができるわけではありませんが、1つの企業が身近に出来ることを、継続的に実施することに意味があると考えました。この活動を続け、企業の社会的責任を意識して、行動・実践していきたいと思います」とコメントしている。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月12日(火)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!