アサヒディードの家族等がブナ保全活動に参加2018年12月4日(火)

当日参加した同社従業員とその家族、大阪みどりのトラスト協会のスタッフによる記念撮影の様子。

 アサヒディードは11月17日、環境保全活動であるグリーンアップキャンペーン~ひとりのチカラが地球を救う~の一環として和泉葛城山(大阪府貝塚市)にてブナの保全活動に参加した。

 今回は2015年6月以降、天候に恵まれずなかなか開催できなかったため、約3年半ぶりの開催となった。当日は板倉孝次代表取締役社長をはじめとした従業員とその家族25名が植樹や、下草刈りなどを行った。

 同社では2008年から公益財団法人 大阪みどりのトラスト協会の協力のもと、緑の募金活動と環境ボランティア活動を実施。募金活動を通じて大阪府の緑化推進に寄与すると共に、環境ボランティア活動を実施するなど積極的に環境保全活動に取り組んでいる。


関連記事

ホール経営支援特集最終企画!「屋内禁煙化の“その日”をどう迎える!?」
ホール経営支援特集「年末年始を極める 装飾・演出秘策」

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月21日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年12月号
    • 特集
      生き残るホールになる
    • ホール経営支援特集
      年末年始を極める装飾・演出秘策
    • ホール経営支援特集
      最終企画! 屋内禁煙化の “その日”を どう迎える!?