SANKYO増益!シンフォギアの販売が好調2018年5月16日(水)

 SANKYOは5月10日、平成30年3月期決算短信(連結)を発表した。

 売上高は862億2,000万円(前年比5.9%増)、営業利益101億8,100万円(同101.2%増)、経常利益113億1,900万円(同195.3%増)となった。グループ全体でパチンコ15タイトル(リユース機を除く)、パチスロ6タイトルを販売した。このうちパチンコの新機種投入が上半期5タイトルにとどまったことから第3四半期累計期間までは営業損失を余儀なくされたが、下半期は10タイトルを投入して盛り返すとともに、平成29年8月に発売したパチンコ『フィーバー戦姫絶唱シンフォギア』がロングランヒットとなったことがグループ全体のブランド力向上にもつながり、売上、損益ともに回復基調が顕著となった。

 なお、固定資産の減損損失計上はあったものの、親会社株主に帰属する当期純利益は55億5,000万円(同212.2%増)となった。

 パチンコ機の販売台数は17万1,000台となり、主なタイトルは、SANKYOブランドの『フィーバー戦姫絶唱シンフォギア』、『フィーバー機動戦士Zガンダム』、Bistyブランドの『エヴァンゲリオン2018年モデル』、『コードギアス反逆のルルーシュ~エンペラーロード~』、JBブランドの『フィーバーパワフル 2018』、『フィーバークイーン 2018』を販売した。

 パチスロ機の販売台数は2万9,000台で、規則改正の影響を懸念するホール側の慎重な姿勢などから、低調な販売結果となった。主なタイトルは、SANKYOブランドの『パチスロ マクロスフロンティア3』、『パチスロ アクエリオンEVOL』、Bistyブランドの『パチスロ 新世紀エヴァンゲリオン~まごころを、君に~2』を販売した。

 次期のパチンコ販売台数は20万5,000台、パチスロは3万9,000台を予定している。連結業績の見通しは、売上高900億円(対前年比4.4%増)、営業利益120億円(同17.9%増)、経常利益130億円(14.8%増)、親会社株主に帰属する当期純利益90億円(62.1%増)としている。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年4月24日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年5月号
    • 特集
      さらば 平成ぱちんこ 時代は「令和」へ
    • 巻頭特集
      激動の時代にどう備えるか
    • パーラー経営支援特集
      全面施行まで約1年 急がれるたばこ対策