PB商品の収益の一部を被害者支援センターに寄付2018年5月16日(水)

寄付金贈呈の様子。写真は同社の諸田英模取締役(右)と公益社団法人ふくしま被害者支援センターの熊田真市専務理事(左)。

 福島県を中心に56店舗を展開するニラクは5月11日、犯罪や事故に遭った被害者やその家族らの早期回復を支援する「ふくしま被害者支援センター」に12万5,000円を寄付した。

 同寄付金は、全店舗で賞品として展開している3つのPB商品(「びっぐどら焼き」「ペンシルカルパス」「ソフトビーフジャーキー」)の1年間分の収益から捻出したもの。同社では昨年4月1日から収益の一部を同支援センターへの寄付に充てる「寄付つき賞品」の取組みを開始していた。

 こうした取組みは同社のCSR活動「アクティブ・ローカル・エンジン」の一環。今後も同社は地域への貢献活動に力を注いでいきたいとしている。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年4月24日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年5月号
    • 特集
      さらば 平成ぱちんこ 時代は「令和」へ
    • 巻頭特集
      激動の時代にどう備えるか
    • パーラー経営支援特集
      全面施行まで約1年 急がれるたばこ対策