CISに新メニュー「会員来店分析」が追加2018年4月12日(木)

 全国の加盟ホールから集めた豊富な顧客遊技データから様々な分析指標を提供する、顧客動向分析システム「AI-CIS」を構築する㈱エムシック(三輪勝治社長)は、4月5日、サービスメニューに「会員来店分析」を新たに追加リリースした。

 会員来店分析では、どのような人が、どの程度の頻度で来店し、どのような機種を、どれくらい遊技しているかを把握し、離反者や来店者の詳細分析ができる。これにより問題点を明確にでき、問題解決に向けての的確なアクションを起こすことが可能となる。

 なお、顧客動向分析システムでは、機種の良し悪し、時系列での遊技動向分析ができるほか、顧客が機種にもつ楽しさや期待感等の声を数値化することで粗利、育成、増減台、設置場所の判断を迅速に行える。また、分析結果を定期的にアウトプット(「CIS客帳レポート」「CISマスター ここだけの話」を提供)するため、分析する時間がない、分析する人材がいないなどの不安を解消できる。

 以下のサイトにて分析・提案レポートを無料で公開中

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月14日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!