マース、健康経営優良法人2018認定2018年2月21日(水)

 周辺機器大手のマースエンジニアリング(松波明宏代表取締役社長)は2月21日、健康経営優良法人認定制度(認定/経済産業省、日本健康会議)の大規模法人部門で健康経営に取り組む「健康経営優良法人2018(ホワイト500)」に認定されたと発表した。認定日は前日2月20日。

 同社ではすでに社員の一般健康診断受診率と精密検査受診率の100%維持を達成。禁煙推進活動等にも積極的に取り組み、健康を維持する社員に健康奨励金を支給している。また社員の家族の健康維持にも目配りし、配偶者への健康診断受診案内や健康奨励金の支給等を実施している。

 さらに社員のワークライフバランス(仕事と生活の調和)実現のため、アニバーサリー(記念日)休暇制度や時間単位の有給休暇制度も導入している。

[健康経営優良法人認定制度]
 地域の健康課題に即した取り組みや日本健康会議が進める健康増進の取り組みをもとに、とくに優良な健康経営を実践している大企業や中小企業等の法人を顕彰する制度。2018年度は大規模法人部門(ホワイト500)541法人、中小規模法人部門775法人が認定された。


  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年5月21日(火)のイベント

  • 岩手県遊技業協同組合 総会
  • 三重県遊技業協同組合 総会

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年6月号
  • 巻頭特集
    エリアマーケティング特集 東西4エリアに密着
  • 依存症対策資料
    ギャンブル等依存症対策推進基本計画が決定
  • ホールで輝く女性役職
    《名宝曙店》石川美結さん