エム・クリエイトの社長ら、不起訴処分に2018年2月14日(水)

 北朝鮮に食料品などを不正輸出したとして、2017年12月に逮捕されたエム・クリエイト株式会社の社長ら3人について、京都地方検察庁は2月8日、不起訴処分とした。

 同社・谷内田譲代表取締役ら3人は、2014年6月にシンガポールの企業経由で、北朝鮮に食品など約1,500箱(約716万円相当)を横浜港から不正に輸出した疑いで2017年12月に逮捕された。

 これに対し、京都地検は「犯罪事実を立証できる十分な証拠を収集することができなかった」として、2月8日付で3人を不起訴処分とした。

 同社では2月14日付けで今回の処分を含めた一連の報道に対し、
 「そもそも、当社が北朝鮮への不正輸出に関与した事実はありません。当社代表取締役及び従業員は、逮捕直後から一貫して無実を訴えており、当社としても今回の嫌疑を払拭するため、捜査機関による捜査に全面的に協力してまいりました。今回の件が不起訴処分となりましたことは、京都地方検察庁が事実関係を適切に判断した結果であると確信しております」とコメントを発表。

 さらに、「一連の件により世間をお騒がせし、また業界に対するイメージを貶めることになりましたことを厳粛に受け止め深く反省するとともに、これまで以上に皆様との信頼回復に努め邁進してまいります」としている。


関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年5月23日(木)のイベント

  • 愛知県遊技業協同組合 総会
  • 栃木県遊技業協同組合 総会

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年6月号
  • 巻頭特集
    エリアマーケティング特集 東西4エリアに密着
  • 依存症対策資料
    ギャンブル等依存症対策推進基本計画が決定
  • ホールで輝く女性役職
    《名宝曙店》石川美結さん