6号機、働き方改革について言及~回胴遊商2018年1月25日(木)

6号機、働き方改革について言及した大饗裕記理事長。

 回胴遊商関東・甲信越支部(新井春行支部長)は1月22日、都内ホテルで新年研修会・懇親会を開催した。

 冒頭、新井支部長は「私は毎年年頭で目標を掲げているが、今年は『感謝』という気持ちを掲げたい。支部に業務に携わっている組合員、サポートしてくださる役員の皆様に本当に感謝している。今年もよろしくお願いしたい」と挨拶。

 続いて登壇した回胴遊商の大饗裕記理事長はまず6号機について、「巷では色んな噂が流れているが現段階では案であると認識してほしい」と前置きしたうえで、「現段階でほぼ決まっている内容としては、6号機の型式試験の申請は4月1日からということ。市場投入はおそらく早くて盆明けに6号機第1弾、各メーカーから出揃うのは秋口から年末くらいになるのではないか」と説明。

 さらに、「日電協の懸命な努力、そしてパチスロを見殺しにしてはならないという業界人の結束した信念で、ある程度希望の持てる遊技機になるのではないか」と述べ、6号機への期待感を示した。

 また、大饗理事長は6団体連名の要望書を1月中に警察庁へ提出したい意向を示し、要望書の中身については「現在、営業時間外に集中している業務を出来るだけ日中に移行してもらいたいというもの」と述べた。最後に「今年もホール団体、メーカー団体にしっかり言うべきことは言いながら1年間頑張っていきたい」と決意を述べた。

 研修会では各委員会から報告事項が伝えられたほか、株式会社エスサポートの三木貴鎬代表取締役による「遊技業界の現状と将来について」と題した講演が行われた。

※大饗(おおあえ)理事長の「あえ」の字は、上が「郷」、下が「食」ですが、環境にとっては正しく表示されない場合があります。ご了承ください。

  • image
  • image

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年5月21日(火)のイベント

  • 岩手県遊技業協同組合 総会
  • 三重県遊技業協同組合 総会

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年6月号
  • 巻頭特集
    エリアマーケティング特集 東西4エリアに密着
  • 依存症対策資料
    ギャンブル等依存症対策推進基本計画が決定
  • ホールで輝く女性役職
    《名宝曙店》石川美結さん