業界等価廃止へ、鳥取4月から27.5玉交換に2018年1月17日(水)

 鳥取県遊技業協同組合は1月10日、いわゆる業界等価の撤廃に向けた取組みについて審議する臨時理事会を開催。4月1日から傘下組合員店舗で賞品交換個数の下限を11割(27.5玉/5.5枚)に引き上げることを決議した。

 すでに傘下組合員には通知しており、今後は貯玉(メダル)顧客への周知を図るため県遊協が配布する案内物を3月1日から各店舗内で掲示する。

 県遊協は傘下組合員に出した通知文の中で、「当県内における、いわゆる業界等価に関する課題を是正することは逆ザヤの解消に資するだけではなく、射幸性の抑制等にもなり得る」としている。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年5月21日(火)のイベント

  • 岩手県遊技業協同組合 総会
  • 三重県遊技業協同組合 総会

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2019年6月号
  • 巻頭特集
    エリアマーケティング特集 東西4エリアに密着
  • 依存症対策資料
    ギャンブル等依存症対策推進基本計画が決定
  • ホールで輝く女性役職
    《名宝曙店》石川美結さん