山梨のホール企業に破産手続きの開始が決定2017年11月19日(日)

 山梨県身延町のパチンコホール企業の近藤産業が11月8日、東京地裁から破産手続きの開始決定を受けていたことがわかった。信用調査大手の帝国データバンク甲府支店の情報として産経ニュース電子版が11月17日付けで伝えた。

 それによると近藤産業は昭和61年に設立。パチンコホール1店舗を経営していた。しかし商圏人口の減少やパチンコ参加人口の減少から平成21年3月にはすでに事業を停止していたという。


関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年8月26日(月)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年9月号
    • 特集
      消費増税を乗り越えろ
    • Interview
      筒井公久日本遊技機工業組合 理事長
    • グラビア
      尾立氏落選 業界票は国政に届かず