働きがいある会社目指し、パワハラ予防研修実施2017年10月3日(火)

研修の様子。ペアワークのディスカッションでは、現場でのエピソードや最近の悩みを話すなど、リアルなやりとり、意見交換を行った。

 アサヒディード(板倉孝次代表取締役社長)は、6月30日、7月20日、8月25日の3回にわたり本社で「パワーハラスメント予防研修」を実施。男性管理職社員26名が受講した。

 同社ではハラスメントをなくし、働きがいのある会社、いきいきとした職場を創りだしたいとの想いのもと、部長や店舗、本部のマネジャーを対象に今回の研修を実施。講師には株式会社FCEトレーニングカンパニーの荻野純子取締役が務めた。

 荻野氏は「受講者の皆さんは感情表現が豊かな方が多く、他者と率直なコミュニケーションを取ることができる方、自分の言葉で意見を伝える、表現することができている方が多いと感じた。人間は感情の生き物。相手にも感情があることを肝に銘じて、部下の方を指示する時、報告を受ける時には共感や質問、褒める、叱るのスキルを上手に活用してより良い関係を構築していってほしい」と述べた。

 研修を終えた社員からは「自身は褒めることが苦手だが、教わった褒めるスキルを意識して活用し、良い行動を習慣化してもらえるようにしていきたい」と感想が挙がった。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!