IR実施法案より依存症対策の審議を先行か2017年9月14日(木)

 今秋開かれる臨時国会で、自民、公明両党が議員立法のギャンブル依存症基本対策法案を、統合型リゾート(IR)実施法案(カジノ実施法案)より先に審議する方針を固めたと9月13日付の毎日新聞のWebニュースが報じた。

 報道によると、この自公両党の方針には、IRカジノ実施法案より先に審議を行うことで依存症対策を重視する姿勢をみせカジノ導入を地ならしするとともに、カジノへの賛否が割れる民進党を抱き込む思惑があるとみられている。

 なお、臨時国会については当初9月25日召集で調整が行われていたが、安倍晋三首相の外交日程が見通せず、ずれ込む可能性が出てきているという。


関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!