マルハン店舗、44都道府県で自己申告プログラム2017年4月7日(金)

 マルハンはこの度、パチンコ・パチスロの依存問題に対する取り組みの一つとして、経営店舗のある全44都道府県で「自己申告プログラム」を導入したと発表した。

 同社では昨年、《マルハン大山店》(東京都)で自己申告プログラムを先行導入し、検証を行ってきたが、この度、導入店舗を計45店舗に拡大することとした。

 自己申告プログラムは、遊技客が1日の使用金額の上限を店舗に申告し、上限額を超えた場合に、店側から当該客にその事実を知らせる仕組み。使用金額の把握には会員カードシステムを利用する。


関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年10月23日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!