ダイナム、専用スペックをサンスリーと共同開発2016年5月27日(金)

 ダイナムは5月26日、サンスリーと共同開発した『CRAヤッターマンDS』を発表。5月30日からグループ全体(398店舗)で合計1000台を導入する。

 スペックは大当たり確率1/69.9(高確率時1/39.9)の確変タイプで、確変割合はヘソが50%、電チューが60%。大当たりは4R(払出出玉約196個)5R(同約245個)、15R(同約735個)の3種類を搭載。

 プレイヤーに大当たりを体感してもらいたいとの思いから確率設計にこだわり、既に一般販売されている『CRAヤッターマン WBC』(大当たり確率1/99.9)よりも当りが軽く、遊びやすい仕様が特長だ。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月17日(日)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!