ICカードの窃盗で桑名市職員が停職2016年5月23日(月)

 他の客が席を離れた隙に残高6,000円のICカードを盗んだ窃盗容疑で4月11日に逮捕されていた三重県桑名市の男性職員(43)に対し、桑名市は5月19日、停職3ヶ月の懲戒処分を言い渡した。産経WEST(webニュース)が報じた。

 男性職員は市民センター主査で農林水産課の係長。3月29日夜に立ち寄ったパチンコ店でICカードを盗んだ。逮捕後男性職員は起訴猶予処分となっていた。

 桑名市に対し男性職員は、「帰るところでたまたまカードが目に入り、出来心でやってしまった」と話していたという。


関連記事

ホール経営支援特集最終企画!「屋内禁煙化の“その日”をどう迎える!?」
ホール経営支援特集「年末年始を極める 装飾・演出秘策」

CALENDAR イベントカレンダー

2019年12月7日(土)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年12月号
    • 特集
      生き残るホールになる
    • ホール経営支援特集
      年末年始を極める装飾・演出秘策
    • ホール経営支援特集
      最終企画! 屋内禁煙化の “その日”を どう迎える!?