矢野経済が2015年の全国店舗数の調査結果を発表2016年3月22日(火)

 矢野経済研究所は3月16日、『パチンコ経営企業総覧2016(東日本版)・(西日本版)』の発刊にあわせ、「全国パチンコ経営企業及び店舗数に関する調査結果2015」を発表した。

 同調査によると、2015年末時点の全国のパチンコホール経営企業数は前年同月比3.9%(130社)減の3,572社で、過去10年以上にわたり一貫して減少が続いている。同調査では「主に1店舗経営などの小規模なパチンコホール経営企業の撤退や倒産が原因」で例年と変わらないと分析している。なお、経営企業を資本、経営者などで関連する企業ごとにグループ化を行うと2,721のグループに集約できる。

 パチンコ店舗数は同2.7%(299店舗)減の1万993店舗。2013年以降は3年連続で200店舗以上の減少となり、ここ5年間で847店舗が減少していることになる。

 2015年の新規出店は前年比1店舗減の221店舗。新規出店として東京、神奈川、埼玉、大阪、福岡、兵庫などの大都市に出店が集中する傾向がある。また、大規模店舗の新規出店が堅調で、2012年以降は毎年20店舗程度、遊技機台数1,000台以上の大型店舗が出店している。2015年は29店舗出店。

 一方、2015年末時点でパチンコホール経営企業3,572社が保有する遊技機台数は約457万台(パチンコ機/約290万台、パチスロ機/約166万台)。前年比で0.44%減と微減レベルであるものの、経営企業数、店舗数と同様に遊技機台数も減少に転じた。

 遊技機種別では、依然にパチスロ機の増加傾向が続いており、2011年比で18.7%増、ここ5年間で約26万台が増加している。一方、パチンコ機は減少傾向にあり、2011年と比べて約12万台も減少しており、2015年も「パチンコ減、パチスロ増」のトレンドが窺える。しかしパチスロ機の増加が落ち着いていることから、「今後は遊技機全体の設置台数は顕著に減少に向かう」と推察している。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年4月25日(木)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年5月号
    • 特集
      さらば 平成ぱちんこ 時代は「令和」へ
    • 巻頭特集
      激動の時代にどう備えるか
    • パーラー経営支援特集
      全面施行まで約1年 急がれるたばこ対策