36都道府県に2100台の違法機を販売か?2006年12月29日(金)

 大阪府警と愛知県警の合同捜査本部は12月18日、パチスロ機に偽造CPUを取り付けて不正改造したとして、パチスロ機開発会社経営の井上登久次(50)とパチスロ機販売会社経営の李春根(53)の両容疑者を商標法違反容疑で逮捕したと発表。大阪地検は同日までに両容疑者を同罪で起訴した。12月19日付け毎日新聞が報じた。

 起訴状などによると井上被告らは05年11〜12月、パチスロ機『スナイパークロス』の出玉が増えるよう内蔵CPUを偽造CPUに交換。21台を名古屋市や大阪市のパーラーに1台37万円前後で販売し、CPUメーカーの商標権を侵害した疑い。

 2人はほかに約2100台を不正改造し、全国36都道府県のパーラーに販売した疑いが持たれている。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!