ゲーム大手のカプコン、パチスロ市場に本格参入へ2008年11月13日(木)

 大手ゲームメーカーのカプコン(辻本春弘社長)は11月5日に開いた取締役会で、パチスロメーカーのエンターライズ(酒井幸長社長)を子会社化することを決定。同日付けで、エンターライズが新たに発行した株式2000株の新株予約権の行使などで発行済株式総数の90%を取得した。

 11月6日付けの読売新聞の報道によれば、パチスロ事業への本格参入により、今後は人気ゲームソフト「モンスターハンター」などのカプコンのゲームキャラクターを採用した遊技機の開発を行い、新たな事業の柱に育てたい考えという。

 エンターライズは2002年に設立。08年8月には、カプコンの代表作「ストリートファイター」シリーズの人気キャラクター・春麗(チュンリー)をメインキャラクターとしたパチスロ第1弾『まかせチャイナV』を発表していた。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!