被災ホールへの支払い延長、正式に要望へ2011年4月22日(金)

 4月20日に都内で開かれた全日遊連理事会後の定例会見で、同連合会の金本副理事長が、東日本大震災で被災したホールへの支援策として支払いの残っている遊技機代金に支払い延長を遊技機メーカーサイドに求めていく考えを表明し、4月25日に行われるホール5団体代表者会議に諮った上で、ホール団体の総意としてメーカー側に要望していきたいと強調した。ホール5団体は全日遊連、日遊協、同友会、余暇進、PCSA。

 また金本副理事長は被災ホールに対する中長期にわたる復興支援として新台や周辺設備購入時の支払い条件についても「最大限の配慮」を求めたい考えも示した。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!