宮城県遊協、社会福祉法人など8団体に寄付金2013年2月4日(月)

 宮城県遊技業協同組合では1月31日、仙台市内で新春経営者研修会を開催した。

 研修会で挨拶した竹田隆理事長は業界の置かれた状況に対し、
「本来の許可要件をしっかり認識する必要がある」と強い危機感を表明。また、
「自身や周囲の人間が遊技をしているだろうか。自分で出来ない遊技を提供し続けていれば遊技客が減るのは当たり前だ。今のままでは遊技客は絶対に増えない」と、目先の顧客獲得にとらわれず将来を見据える必要性を強調した。

 この後の懇親会では、冒頭で社会福祉法人4団体(ヤクルト本社東日本支店及び大船渡、宮城中央、石巻、福島の各ヤクルト販売と共催)及び日本盲導犬協会仙台訓練センター等4団体の計8団体に寄付金を贈呈。

 研修会では宮城県警察本部より担当官を招き「健全営業」「暴力団情勢」についてそれぞれ講話を受講。また、パチンコジャーナリストのPOKKA吉田氏が講演を行った。

関連記事

別冊GreenBelt「増税時代に何をすべきか!?設備・システム大特集」
グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2019年11月13日(水)のイベント

    KENTEI 全国の検定情報

    NEW ITEM 新製品紹介

    LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

    • 2019年11月号
    • 巻頭特集
      年末年始の遊技機活用
    • 全日遊連×オーイズミ合同会見
      ホールに負担のない低価格機を共同開発
    • ホール経営支援特集
      『働き方改革』に、 この一手!