特集バックナンバーへ

年末の集客・収益に貢献できるのは?どうなる認定・撤去 5.9号機の可能性は?2017年10年20日(金)

ふるいにかける適合率×重複申請 ARTは適合の3本に1本?

 10月のパチスロが心配だ。新台が一台もない非常事態が起きている。季節要因から10月は稼動が落ち込む。そこに新台ゼロはかなりツラい。
 しかし、こうした状況は今後常態化する可能性がある。駆け込み申請で確保できるストック分に限りがあるためだ。
 駆け込み申請の期限まで4ヶ月を切った。ラスト4ヶ月間のパチスロ申請枠は330枠。5.9号機の持ち込みが開始されたとみられる7月からでは565枠だ。
 問題は、この中からどれだけ適合がでるかだ。
 今年1月から9月までのパチスロ平均適合率は38.0%。加えて野心的であればあるほど一回ですんなり通らないのがこの世界の常識だ。1タイトル平均2.5本の持ち込みを仮想定した場合、86タイトルに絞られる予測となった。
 さらにARTに限ればもっと数は減る。ストック優先で適合を目指すにはハードルの低いAタイプが最短だ。こうした事情からARTは3本に1本程度ではないかと予測する声もある。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2018年1月22日(月)のイベント

  • 回胴遊商関東・甲信越支部 新年研修会・懇親会
    15:00~/東京ドームホテル

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2018年2月号
  • 巻頭特集
    レジャー産業の使命を果たせているのか!
  • 経営者インタビュー特集
    挑戦をやめない!
  • Report
    アミューズメントは体験型の時代へ