特集バックナンバーへ

6号機時代、開幕!2018年10年20日(土)

6号機の可能性示した『鏡』の初日稼動

 大都技研の『HEY!鏡』の導入が始まり、ついに6号機時代が幕を開けた。6号機ATタイプ第1弾機種が高実績を誇る『押忍!番長』シリーズのスピンオフ機種というインパクトは大きく、初日稼動は25,000枚を超えた。この数値は近年まれに見る高水準だ。
 5号機以降の初日稼動上位の機種を示したのが上図だ。いずれも一世を風靡した機種や、現在も稼動の中心となっている機種が名を連ねる。この“初日稼動25,000枚超”はヒット機種となるための一つの指標といえるだろう。そして、今回の『鏡』はこれら名だたる名機に喰い込む稼動を叩き出した。
 粗利面を見ても赤字営業が続くなど、ホールも積極的に運用していることが見て取れる。
 今回の『鏡』の導入は、ファンにとってもホールにとっても非常に期待値の高い入替になったことは間違いない。

関連記事

グリーンべるとメルマガ会員受付中

CALENDAR イベントカレンダー

2018年11月20日(火)のイベント

  • 三洋物産パチスロ新機種『聖闘士星矢 海皇覚醒 Special』内覧会/東京支店

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2018年12月号
  • 巻頭特集
    厳しさ増す宣伝広告 見直すべき新台入替の価値
  • 特集
    ホールの動画活用
  • Special Report
    アートテインメントな極上の空間 韓国初のIR施設「パラダイスシティ」