特集バックナンバーへ

遊楽がパチンコ博物館をオープン多くの人に伝えたい大衆娯楽“パチンコ”の歴史2017年2年23日(木)

左から順に昭和初期、昭和21年ごろ、昭和25年ごろのパチンコ台。昭和初期のパチンコ台は盤面に釘が無く、左肩入賞で3銭、右肩入賞で2銭の賞金が出る現金の払出がされていた。

ここでしか見ることが出来ない戦前のパチンコ台

 牧野氏が「ここに来たら是非見てほしい」と語るのが、展示物で一番古い昭和初期の手打ち式パチンコ。

 今のパチンコ台とは違って盤面に釘が打たれておらず、入賞口に玉が入ると3銭ほどの現金が払い出されていたという当時のパチンコ台は昭和16年に「金属類回収令」が施行されたこともあり、現存していることが極めて珍しいとのこと。「残っていることが奇跡に近い。私もこの1台しか見たことがない。おそらく、ここでしか見ることはできないでしょう」と牧野氏は語る。

関連記事

CALENDAR イベントカレンダー

2017年5月29日(月)のイベント

  • 福岡県遊技業協同組合 第56回総代会
  • 宮城県遊技業協同組合通常総会

KENTEI 全国の検定情報

NEW ITEM 新製品紹介

LATEST ISSUE 最新号のお知らせ

  • 2017年6月号
  • 巻頭特集
    5.5号機は買いなのか?
  • Report
    5年の歳月を経て、仕事人最新作が登場! フィールドテストには150人超の列
  • 特別レポート
    盛り上がった「ニコニコ超会議2017」 リアルなパチンコの魅力を積極アピール